103rd USCAP会場(San Diego Convention Center)にて  相田撮影 

高齢者がん研究グループ ホームページについて
著者紹介

Morson and Dawson’s Gastrointestinal Pathology 5th Edition

Shephard NA, et al. Ed. 2013, Wiley-Blackwell, Oxford

本書は消化管病理学の教科書の中で、最も古く世界的に読まれています。しかし、本書の執筆者の多くは日本人ではありません。本研究グループメンバーをはじめ、わずか3人の日本人病理学者が執筆しています。消化管の病理学は日本国内で研究された多くの優れた業績があります。本来でしたら、著者の多くを日本人が占めることができると考えています。

食道癌 腫瘍病理鑑別診断アトラス

田久保海誉、大橋健一編集 2012、文光堂、東京

主要臓器のがんは、日本病理学会と臓器の関連学会(例えば日本食道学会)により、その臓器のがんの取扱い規約が定められ、臨床的、病理学的所見の記述法や分類が統一されています。以上の基準により日本ではがんの解析が行われ、優れた業績をあげています。本アトラスは「食道癌取扱い規約」の詳細な説明と、規約では記述のない重要な所見を説明しています。本グループのメンバーが編集に参加し、田久保、相田、櫻井、新井が五つの項目を執筆しています。

Pathology of the Esophagus 2nd Edition An Atlas and Textbook

Kaiyo Takubo 2007, Springer Tokyo Berlin Heidelberg New York

本研究グループからの著書であり、日本語版「食道の病理」の英語版の第2版です。消化管学に関する日本からの情報発信の不足を欧米から指摘されていました(Stolte M. Virchow Arch 1999)。この指摘に応えると同時に、早期がんに関する日本的な診断方法の正当性などが主張されています。国際食道疾患会議、日本食道学会や日本病理学会の会員の協力を得て刊行されました。Gastroenterology、Gut、Am J Surg Pathol、Der Pathologeの書評で絶賛されています。

The Diversity of Gastric Carcinoma
   -Pathogenesis, Diagnosis, and Therapy-

M. Kaminishi, K. Takubo, K. Mafune (Eds.) 2005, Springe-Verlag Tokyo Berlin Heidelberg New York

日本の医学領域で誇るべき高いレベルである胃がん学に関する論文は、伝統的に日本語で出版されていることが多く、英文書籍には引用されず、諸外国からも日本の消化管学、胃がん学に関する知識の世界への普及が望まれていました(Dixon MF. Gastric Cancer 2000)。これらの外国からの要望に応えるものです。本研究グループメンバーが編集に参加し、二つの章がメンバーにより執筆されています。トルコ語版が出版されています。

 

★ このたび、私たちからの前がん状態(前がん病変を含む)の定義に関する提案をPROPOSAL(本項目の上部)の中にPDFファイルとし て掲載しました。これは、これまでの研究成果を基に新たに提案しましたする。今回「前がん病変(状態)とは何か」というテーマについて日本語と英語の小文を提示しております。ご一読頂けましたら有難いです。(2013.11.08)

★  第59回日本病理学会秋期特別総会(山梨大学院 加藤良平教授)が今年11月21-22日に甲府富士屋ホテルで開催され、チームリーダーの田久保海誉が「GERD、逆流性食道炎、バレット食道とバレット癌の病理」について病理診断シリーズで講演しました。これらに関連した16報の英文論文を田久保は書いています。消化管病理以外の病理医にもわかりやすい発表であったとご好評を頂きました。(2013.11.26)

★2013年(2012年実績)の雑誌のインパクトファクター(IF)が発表になりました。病理学分野ではAm J PatholがIF: 4.5で、とうとうMod PatholやAm J Surg Pathol以下となりました。しかしJ PatholはIF: 7.6と前年よりも高くなっています。最近3年間に、私たちのグループから2編の論文がJ Patholに掲載されています。ちなみに日本病理学会の機関誌Pathol Intは総説論文が少ないためかIF: 1.7です。日本発の医学雑誌ではJ GastroenterolのIFは去年(4.2)よりも下がっていますが3.8で大健闘です。(2013.7.1)