ポリビニルアルコールと膵臓がん幹細胞の論文がHeliyon誌に採択されました。

近年、ポリビニルアルコール (PVA) が様々な血液細胞に分化することができる、造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)を増加させる事が報告されました。この研究では、PVAの膵臓がんのがん幹細胞への効果について、2次元培養と3 […]

膵臓がんの老化誘導についての研究が、「週刊新潮」の特集で紹介されました。

私達の膵臓がんの老化誘導と、老化細胞死誘導薬の有効性についての研究内容が、週刊新潮(1月21日号)とデイリー新潮に掲載され、Yahoo!ニュースで紹介されました。「すい臓がん」を“老化”させる? 新たな治療法を発見、実用 […]

石渡研究部長が平成30年度 科研費審査委員(消化器外科学)を務めました。

石渡研究部長が、平成28年度、平成29年度の消化器内科学(基盤研究C)に続き、平成30年度消化器外科学(若手研究)の科学研究費審査委員を務めました。採択課題から生まれた新たな研究成果が、多くの患者さんに還元されると信じて […]

新井冨生病理診断科部長が病理診断賞を受賞

病理診断科の新井冨生部長が、第66回日本病理学会秋期特別総会において、病理診断学賞を授与されました。全国の大学、病院、研究所等の病理医から年間2名のみが選ばれる名誉ある賞です。新井部長は浜松の学会場で「マイクロサテライト […]

第79回 日本癌学会学術総会(広島+Web)で5演題を発表します。

The 79th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association (がんの実像を見つめて共に歩む) 【OJ11-3-3】膵癌におけるガングリオシドGM2の発現とその特性 […]

第109回日本病理学会総会で膵臓がんと、テロメア研究について4演題を発表します。

第109回日本病理学会総会 (Web開催)で、膵臓がんとテロメアの最新の研究内容を発表します http://www.congre.co.jp/jsp2020/index.html 3-D-02 膵癌培養細胞の形態的可変性 […]

日テレの「世界一受けたい授業」に佐々木紀彦研究員が出演。

本グループと共同研究を行なっている老年病態学研究チームの佐々木紀彦研究員が、6月6日土曜日午後7時56分から、日本テレビの「世界一受けたい授業」で講師を務めます。内容は老化細胞と免疫についてです。【若い人でも要注意!生活 […]