業績一覧

諸臓器のがん

バレット食道における腺がんの病理組織診断(総説)

Takubo K, , Vieth M, Aida J, Matsutani T, Hagiwara N, Iwakiri K, Kumagai Y, Hongo M, Hoshihara Y, Arai T. Histopathologic diagnosis of adenocarcinoma in Barrett’s esophagus. Digest Endosc 2014 May; 26 (3): 322-30.

国内で増加が予想されるバレット食道とバレットがん(腺がん)に関する総説論文です。日本では30年前から行われている胃がんや食道がんの内視鏡切除術がようやく米国でも行われるようになりました。このため、日本で経験した試行錯誤が米国でも繰り返されています。米国の医師の参考になるように、日本における試行錯誤の結果を記述しました。さらに、本総説の中ではバレット食道、バレットがんと胃噴門がんの区別と、欧米における高度異型病変を研究グループの原著論文を引用して詳しく解説しています。最後に高度異型という欧米の用語に正当な根拠がないことを述べています。つまり、日本で使用されている高分化型腺がんという用語を使用すべき根拠を示しています。