業績一覧

膵臓がん研究

長鎖非コードRNAのH19は膵癌のスフェア形成と、CD24およびインテグリンを介した浸潤に関与する

H19 long non-coding RNA contributes to sphere formation and invasion through regulation of CD24 and integrin expression in pancreatic cancer cells. Sasaki N, Toyoda M, Yoshimura H, Matsuda Y, Arai T, Takubo K, Aida J, Ishiwata T. Oncotarget. 2018 Oct 5;9(78):34719-34734. doi: 10.18632/oncotarget.26176.

私達は、以前H19というタンパクに翻訳されない長鎖非コードRNAが膵癌の転移に重要な役割を果たしており、H19の発現を減少させることで膵癌の転移を抑制できることを動物実験で報告しました。この研究では、H19がどのような機序で、膵癌の転移に関与しているかを研究しました。その結果H19はインテグリンとCD24を介して、膵癌細胞の接着を促進することがわかりました。H19の過剰発現膵癌細胞株に、インテグリンβ1抗体を投与することで、膵癌細胞のスフェア形成や浸潤能が低下しました。この研究でH19が膵癌の癌幹細胞の自己複製や浸潤能に重要な役割を果たしており、これにより膵癌の浸潤転移を促進していることを解明しました。H19が今後、膵癌の転移抑制に向けた新たな治療標的となると考えています。